06-4708-3193

Close

その一杯をお好きなタイミングで
ワインを合わせて楽しむ習慣を

肥後橋駅と淀屋橋駅からほど近く―。
大阪市中央区高麗橋にあるイタリアン「trattoria della nonna(トラットリア デッラ ノンナ)」。
マルケ州の郷土料理をご提供する当店の第2の主役。それが、ワインです。

イタリアで愛され親しまれている料理には、
やはりイタリアの大地で育まれたイタリアのワインが良く合います。
毎食ワインを飲む習慣があるイタリアだからこそ、
どれも手頃で上質なワインばかりです。

当店ではワインがお好きな方も、初心者の方も、
気軽にお楽しみいただけるよう、さまざまな銘柄をご用意しております。
多彩なマリアージュを楽しみたい時には、グラスワインをどうぞ。
お気に入りのワインをじっくり楽しみたい時には、ボトルワインがおすすめです。

また、修業で訪れたイタリア・マルケ州のワインも取り揃えております。
イタリアの地方によって、ブドウの栽培方法やワインの製造方法も異なるため、
その地方ごとのワインを飲み比べるのも楽しみ方のひとつです。
料理をしっかり楽しむ一軒目だけでなく、
ワインをゆっくりと時間をかけて味わう二軒目としても、
気軽にご利用ください。

ワイン集合

ワインを片手に
語らう時間があってほしい

一軒目利用でも
二軒目でも

料理とそれに合わせるワイン

豚肉ロースト

野菜グリル

イタリアで食卓にならぶ
いつもの光

南北に領土が広がる食の宝庫「イタリア」。
その土地ごとに親しまれる郷土料理があり、その土地
で作られたワインと一緒に楽しむのが現地での習慣です。イタリアの食卓にはワインが必ずといっていいほど登場します。それほどに、ワインが身近な存在だということです。
当店では、本場イタリアのようにワインを合わせて、料理をお召し上がりいただきたいと考えています。
ペアリングにルールなどありません。
お好みの料理に、お好みのワインでお楽しみください。

合わせる料理はこちら

マルケ州
  ワインを知ってほしい

マルケワイン

ればより、価値を感じる。
イタリアのワインの歴史
イタリアでは、20州ある全ての場所でワインが作られています。
どの州もワイン作りには古い歴史を有していますが、まだまだ知られていない州が多くあることも確かです。
マルケ州では、ギリシャから伝えられたといわれる、古い歴史を持つ品種がいくつか栽培されています。そのなかで、白ブドウの「ビアンケッロ・デル・メタウロ」がローマ帝国を救ったと言われている話しがあります。

「その昔、アフリカ軍がスペイン、フランスを渡ってローマ侵略を試みたが、
マルケ州のメタウロ川付近でアフリカ軍は負けてしまい、ローマ侵略は失敗で終わった―――。」

理由は諸説ありますが、
侵略を知ったローマ人がメタウロ近郊を焼き払い、そこに残ったのが白ワインだけだったこと。
そして、そこにたどり着いたアフリカ人がそのワインを口にし、美味しさについつい飲み過ぎ、
酔っ払っている間にローマ人が攻め打ちし敗北したという理由が代表的です。
もしこの白ワインがなく、ローマ人が敗北していたら、今頃イタリアはイタリアではなくなっていたのかもしれません。
ザートワインってご存知ですか?
マルケ州の絶品ワイン
マルケ州にさまざまな生産者がいるなかで「テラクルーダ」というワイナリーは、
イタリアを救ったあの「ピアンケッロ・デル・メタウロ」を使った白ワインや、アレアティコという
非常に珍しい黒ブドウを使ったワインを製造しています。
甘口が多いイタリアワインですが、アレアティコは、特に素晴らしい辛口ワインに仕上がっています。
タンニンも少なく、エレガントに仕上がるこの赤ワインはフランスでも大変人気があり、イタリア
ワインがフランスで評価されている理由のひとつでもあるのだそうです。
また、アレアティコの赤ワインを使用した、マルケ州伝統のデザートワインも人気です。
このデザートワインは、ルネッサンス時代からマルケ州に伝わる飲み物なんだとか。
当時、春頃に傷み始めた赤ワインに、マルケの野生で育ったサクランボ「ビショラ」と砂糖を漬け込み、
二次発酵させてできたオリジナルワイン。
濃厚な甘さとなめらかな口当たり、それでいてしつこさは一切ない、絶品のデザートワインです。
なたのまだ知らないワイン
探す楽しみを知る
マルケ州はさまざまな州に囲まれているために、各州のワイン作りのテクニックなどが入り込みやすく、それらを吸収しマルケ州独自のワイン作りに活かされています。
高品質でありながらも、手頃な価格でワインを作っている、本当に素晴らしい産地であることは間違いありません。
有名どころのワインもいいですが、こういったまだまだ知名度が低い産地のワインを知るのも、ワイン好きな方の楽しみのひとつではないでしょうか。

ワインリスト

※表示価格は税抜きです。
※メニューは一例です。

グラスワイン

□泡 ―Spmante―
・モンテベッロ
600円
□白ワイン ―Vini Bianco―
・チロ ビアンコ
・フローラ マルケ ビアンコ
500円
600円
□赤ワイン ―Vini Rossi―
・ロッソピチェーノ
・"ムシ―タ" カベルネ ソーヴィニヨン
500円
600円

ボトルワイン

□泡 ―Spmante―
・ブラン ド ブラン
・プロセッコ コル フォンド
・デ・ステファニ2008
3,000円
4,500円
8,000円
□白ワイン ―Vini Bianco―
・ベルソーレ ビアンコ
・フィアーノ ジェニウスローチ
・ローザート・サイレント
・メリディアーノ
2,500円
3,800円
4,500円
6,000円
□赤ワイン ―Vini Rossi―
・ベルソーレ ロッソ
・フレイザ ダスティ
・レ マタッシーネ
・サンラソフィア リパッソ
2,800円
3,800円
4,500円
6,000円

食後酒 Digestivo

グラッパ
700円
リモンチェッロ
500円
カクテル各種
500円

その他

オレンジジュース
450円
ジンジャーエール
450円
コーヒー
300円

最上部へ